業務用エステ機器・業務用美容機器ならビーモデル

資料請求・お問い合わせ

2023.5.26.

脱毛サロンの開業!開業する手順や開業に必要な資金とは?

カテゴリー:エステ開業

脱毛サロンの開業!開業する手順や開業に必要な資金・費用について解説

脱毛サロンは特別な資格や届出がなくとも開業できるエステサロンで、痩身エステやフェイシャルと比較し、開業資金を抑えて始められる特徴があります。

『マシンを売らないメーカー』である私たち株式会社b-modelsにも、脱毛サロン開業に興味がある女性から多くのお問い合わせをいただいています。ただし開業しやすいからといって経営がうまくいくとは限らず、集客や資金調達の壁にぶつかって挫折してしまうケースも少なくありません。

そこで本記事では、脱毛サロンの開業にあたって必要なものや営業開始までの手順、そして失敗しない開業のコツについてご紹介します。エステサロン開業に興味がある方向けの開業・経営支援サービスについても扱っているので、ぜひ最後までご覧ください。

脱毛サロン開業では資格は不要

脱毛サロン開業では資格は不要

脱毛サロンの開業を考えるにあたって、必要な資格や面倒な手続きがないか気になる方も多いでしょう。しかし一般的な脱毛サロンの開業では、資格を持っていなくても問題はありません。

極端に言えば、自宅の一室を脱毛サロンとして活用する自宅サロンであれば、業務用脱毛機器を導入するだけで脱毛サロンの営業を始めることも可能です。

ただし資格があって損することはなく、集客面で有利になることも多いので、積極的に資格を目指すのもおすすめです。

光脱毛は無資格・届出なしで施術できる

一般的に「脱毛」と呼ばれる施術には、医療脱毛に含まれる「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」のほか、「光脱毛」という種類があります。これらのうち医療脱毛の2種類については、施術にあたって医師免許が必要となるため、無資格・無免許で提供することはできません。

しかし効果がマイルドで肌への負担を抑えた光脱毛であれば、業務用脱毛機器を導入することで誰でも脱毛サロンを開業可能です。業務用脱毛機器は、まるでスマートフォンを操作するような感覚で、ボタン一つで設定できるため、難しい研修なども必要ありません。

民間資格があるとサロン経営で有利に

資格や免許が不要で未経験でも始められる脱毛サロンですが、民間の資格を持っていたり脱毛サロンでスタッフとして働いた経験があったりすると、サロン経営では有利になります。

脱毛について基本的な知識を身につけ、来店したお客様のニーズに合わせたメニューを提供できれば、顧客満足度が上がりリピーター獲得にもつながるからです。

民間で実施している主な脱毛関連の資格には、日本脱毛安全普及協会(JESA)が実施する「脱毛士検定」や、日本エステティック振興協議会による「美容ライト脱毛安全講習会」などが挙げられます。これらの資格をサロンの紹介ページなどに掲載することで、脱毛サロン選びに迷っているお客様を獲得しやすくなるります。

なお、未経験から脱毛サロン開業を考えている方は、下記の記事も参考にしてみてください。

関連記事:脱毛サロンの開業は未経験でも可能! 開業する方法と成功のポイント

脱毛サロン開業に必要なもの

脱毛サロン開業に必要なもの

脱毛サロンを開業する際には、最低でも以下の3つを用意しておく必要があります。

  • 施術室・店舗
  • 業務用脱毛機器
  • 開業資金

それぞれどのような準備をしておくべきなのか、詳しく解説しましょう。

施術室・店舗

脱毛サロンを開業するためには、施術を提供するスペースを確保する必要があります。

自宅サロンとして開業する場合には、物件の一室を施術室に割り当てて、落ち着いて施術を受けられる空間を用意しておきましょう。賃貸マンションやテナントを借りて開業する場合には、開業に適した立地を選び、事前に物件のオーナーから営業許可をもらってから営業準備を始めます。

物件の内装工事を行う場合には、工事費用が発生するほか、工事が終わるまで開業ができない点にご注意ください。

業務用脱毛機器

脱毛サロンの開業では、業務用脱毛機器の選び方が非常に重要となります。選ぶマシンによって集客効果や売上が大きく異なり、顧客満足度やランニングコストにも影響するからです。特に初めての脱毛サロン開業を考えている方は、マシンのメーカー等による開業・経営面でのサポート体制を重視すると良いでしょう。

業務用脱毛機器を納品して終わりではなく、脱毛サロンの経営を軌道に乗せるまでの専門家のサポートを受けられるメーカーであれば、サロン経営に成功する可能性も高まります。

ただし開業費用を抑えるために中古品の業務用脱毛機器を購入してしまうと、サポートが受けられなかったり消耗品を交換できなかったりと、トラブルの原因となるためご注意ください。

開業資金

脱毛サロンは他のエステサロンや美容室・カフェと比べても開業資金が安くなる傾向にあり、自宅サロンであれば最低100万円の資金で開業できます。賃貸マンションの一室を利用したマンションサロンであっても、200万円〜500万円の開業資金があれば十分でしょう。

なお、エステサロン開業に必要なものの一覧は下記の記事でも取り上げているので、併せてご覧ください。

関連記事:エステサロン開業に必要なもの!揃えておくべき必要な備品とは?

脱毛サロン開業にかかる初期費用・開業資金とは?

前述した通り、自宅サロン開業に必要な開業資金は100万円程度、マンションサロン開業でも200万円〜500万円が初期費用の目安となります。テナントを借りてスタッフを雇い、大きな規模の脱毛サロンをオープンする場合には、500万円〜1,000万円ほどを目安とすると良いでしょう。

こちらの開業資金の内訳としては、以下のような費用項目が挙げられます。

  • 業務用脱毛機器の導入費用
  • 物件の家賃・初期費用
  • 内装工事費
  • 広告宣伝費
  • 人件費
  • ベッド・椅子などの備品
  • タオルや化粧品などの消耗品費

もし開業費用を抑えて脱毛サロンを始めたい場合には、業務用脱毛機器を購入せずレンタルしたり、助成金・補助金を利用したりする方法もあります。ただし脱毛サロン経営では、初期費用だけではなくランニングコストも発生するため、家賃や消耗品費などを見積もりながら半年分の運転資金を用意しておくと安心です。

脱毛サロン開業は儲かる?年収や成功率とは?

脱毛サロン開業に興味はあるが、実際にどのくらい儲かるのか、年収はどの程度なのか気になる方も多いでしょう。

脱毛サロン経営者の収入については、店舗の経営状態によっても変わりますが、私たち株式会社b-modelsが開業・経営支援サービスを提供してきたサロンオーナー様の中には、年収1,000万円以上の報酬を得ていることも少なくありません。一方で経営状態が悪化している場合には、年収200万円を下回るケースもあるようです。

ただし脱毛サロンは需要が高く成長中の市場であり、介護脱毛やキッズ脱毛などの新たな顧客層の開拓も進んでいます。開業費用も抑えられてランニングコストも低水準のため、正しく準備すれば失敗しにくいビジネスモデルといえます。

脱毛サロン経営者の年収や、脱毛サロン業界の現状については、下記の記事でも解説しているのでぜひご覧ください。

関連記事:脱毛サロンの開業は未経験でも可能! 開業する方法と成功のポイント

脱毛サロン開業までの手順

脱毛サロン開業までの手順

続いて、脱毛サロンを開業するまでの手順・流れについて、下記の7ステップに沿ってご紹介します。

  • 脱毛サロンのコンセプトを決める
  • 開業資金を調達する
  • 物件選定・内装工事
  • 業務用脱毛器を導入
  • 集客方法を検討する
  • 開業届を提出
  • 営業開始

一つずつ順番に解説していきましょう。

①脱毛サロンのコンセプトを決める

脱毛サロンの開業を決めたら、まずはお店のコンセプトや方向性を固めておきましょう。コンセプトとは、お店の理念や軸となるものを指し、「気軽に立ち寄れるカフェ感覚の脱毛サロン」「家族で一緒に通えるファミリー向け脱毛サロン」などの案が考えられます。

脱毛サロンのコンセプトを決めておくことで、内装やインテリア、広告やチラシの作成などでも世界観を統一しやすくなります。ただし独りよがりのコンセプトで終わらないよう、既存のお店のコンセプトを参考にしたり、開業・経営支援サービスを使って相談してみたりするのもおすすめです。

②開業資金を調達する

脱毛サロンのコンセプトが決まったら、次に開業資金を用意しましょう。ご自身の貯金だけで賄える場合は問題ありませんが、開業資金が不足する場合には、助成金・補助金を利用したり、「日本政策金融公庫」の創業融資に申し込んだりすると良いでしょう。

中でも日本政策金融公庫の「新規開業資金(女性、若者/シニア起業家支援関連)」を利用すると、7,200万円を限度額として、無担保・無保証人で資金調達できる可能性があります。資金不足に悩んでいる方は、一度検討してみると良いでしょう。

参照:日本政策金融公庫「新規開業資金(女性、若者/シニア起業家支援関連)」

③物件選定・内装工事

次に、脱毛サロンを開業する物件を契約、または自宅を改装して施術スペースを確保します。なお、賃貸物件で脱毛サロンを開業する場合には、事前にオーナーからの営業許可を受ける必要があり、無断で営業を開始するとトラブルの原因になるためご注意ください。

物件選びの際には、脱毛サロンのコンセプトに合わせ、ターゲットとなる顧客層が集まりやすい立地を選ぶのがポイントです。土地勘のないエリアで開業する場合には、周辺地域を入念にリサーチしておくことが大切です。

④業務用脱毛機器を導入

物件選びが完了し、内装工事が終わったら、業務用脱毛機器やベッド・椅子などの備品を用意しましょう。特に業務用脱毛機器選びは、脱毛サロンの集客効果や売上を左右する重要な要素です。

本体価格やランニングコストはもちろん、店舗の回転率を左右する施術時間や、施術時の痛みについても考慮しておくと良いでしょう。

なお、業務用脱毛機器の選び方については、下記の記事で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

関連記事:業務用脱毛器の選び方と注意点|経営ノウハウ特典付きおすすめマシンをご紹介

⑤集客方法を検討する

お客様を呼び込める状態になったら、新規のお客様を集めるための集客方法を検討しましょう。集客方法には、主にオフラインとオンラインの2種類が存在します。

オフラインの集客手段には、チラシ・ポスティングや地域のフリーペーパーへの掲載、看板の設置などが挙げられます。オンラインの集客手段としては、公式SNSアカウントの運用やSNS広告、ホットペッパービューティーの活用などが挙げられます。

若い世代をターゲットとした脱毛サロンであればオンライン主体、地元のお客様をターゲットとした脱毛サロンではオフラインを主体とするなど、コンセプトやターゲット層に合わせて集客方法を決めましょう。

⑥開業届を提出

脱毛サロンの開業では特別な資格や免許は必要ありませんが、これまで会社員や主婦だった方が個人で事業を始める場合には、最寄りの税務署で「開業届」を提出しておくと安心です。その際には「青色申告承認申請書」を同時に提出しておくと、所得税を納める際の確定申告で税制優遇を受けることができます。

開業届は、事業開始してから1ヵ月以内に提出する決まりとなっているので、忘れることのないよう準備しましょう。

⑦営業開始

開業届を提出し、お客様を受け入れる体制が整ったら営業開始です。開業後の経営状態によっては、コンセプトの修正やターゲット層の変更など、微調整が必要となることもあるでしょう。開業した脱毛サロンはあなた自身のお店ですので、経営状態に合わせて柔軟に改善しながら運営しましょう。

失敗しない脱毛サロン開業のコツ

失敗しない脱毛サロン開業のコツ

最後に、失敗しない脱毛サロン開業のコツとして、以下の5つのポイントをご紹介します。

  • サロンのコンセプト・ターゲットを明確にする
  • 経営者マインドへ切り替える
  • 脱毛サロンを開業する目的を言語化する
  • SNSやWebを活用して集客する
  • 開業支援サービスを活用する

それぞれのポイントを踏まえて、脱毛サロン開業を成功へと導きましょう。

サロンのコンセプト・ターゲットを明確にする

脱毛サロンの安定経営を実現するためには、明確なコンセプト・ターゲットを定めることが欠かせません。コンセプトやターゲットが曖昧なまま経営を続けても、競合する他店にお客様を奪われたり、顧客満足度が上がらなかったりして、失敗する可能性が高まってしまいます。

コンセプトを定める際には、「どんな人に対して、どんな悩みを解決する脱毛サロンなのか?」を自問自答しながら方向性を見つめ直すと良いでしょう。ほかのお店にはない強みを打ち出して、新規のお客様やリピーターを確保できれば、脱毛サロンの安定経営は難しくありません。

経営者マインドへ切り替える

脱毛サロン開業を成功に導くためには、「経営者マインド」を持つことも重要です。これまで会社員や主婦をされてきた方の中には、「従業員マインド」を持ったまま脱毛サロンを開業してしまうケースもあります。

しかし自分のお店を立ち上げて経営していくのであれば、ご自身が社長であり最高の意思決定者ですから、すべて自分の責任で物事を決めなければなりません。

経営に関する知識や、お金・税金について学ぶことも重要ですが、店舗や組織のトップとして会社を経営するという意識を持って、経営者マインドに切り替えることが大切です。

脱毛サロンを開業する目的を言語化する

脱毛サロンを開業するにあたっては、「なぜ脱毛サロンを始めるのか?」という目的を言語化しておくことも重要です。脱毛サロン経営の先にあるゴールが定まっていれば、どのようなスタイルで経営するのかが定まりやすくなるからです。

その際には、脱毛によって人生が変わった経験や、脱毛サロンを通じて叶えたいミッションなどを言語化しておくと、集客や営業の際のトークスクリプトとしても役立ちます。ぜひ頭の中で考えるだけではなく、メモやノートに書き出して形に残しておくことをおすすめします。

SNSやWebを活用して集客する

脱毛サロン開業の失敗を避けるためには、SNSやWebを活用した集客に取り組むこともポイントです。脱毛サロン開業に失敗してしまう原因として、集客がうまくいかないというケースが非常に多いです。つまりお客様が全然集まらず、売上が立たない状態です。

脱毛サロンの集客課題を解決するためには、まずは低コストで始められる集客手段を活用することをおすすめします。たとえばTwitterやInstagram、YouTubeといったSNSであれば、無料でアカウントの開設・運営ができるため、広告宣伝費を抑えながら新規集客が期待できます。有料のHP制作やWeb広告で集客する方法もありますが、初期費用がかかるため経営が軌道に乗ってから検討すると良いでしょう。

なお、集客以外にも脱毛サロン開業で失敗する原因にはさまざまなものがあります。下記の記事で失敗の原因と、成功のコツについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事:脱毛サロン開業に失敗する原因!成功して儲かる仕組みを作るコツ!

開業支援サービスを活用する

業務用脱毛機器を扱っているメーカーの中には、初めて脱毛サロンを開業する方や売上アップを叶えたい方向けに、開業・経営支援サービスを提供しているところがあります。

そうしたサービスを活用することにより、経営のプロやエステサロン運営の専門家からのアドバイスを受けながら、開業を進められるメリットがあります。

私たち株式会社b-modelsでも、『マシンを売らないメーカー』として、業務用脱毛機器の販売から導入後の開業・経営支援まで、トータルサポートをご提供しています。具体的なサポート内容や問い合わせ方法については、下記のページでご紹介していますのでぜひご覧ください。

b-models経営・開業サポートはこちら

まとめ

脱毛サロンの開業では、資格・免許や届出は不要ですが、施術スペースとなる物件や業務用脱毛器、開業資金を十分に用意しておく必要があります。開業資金の目安としては、自宅サロンの場合で約100万円、マンションサロンの場合で約200万円〜500万円が相場となります。開業資金に余裕がない場合には、日本政策金融公庫の融資を活用したり、業務用脱毛機器をレンタルで導入したりすると良いでしょう。

本記事でご紹介してきた開業の流れや失敗しないコツも踏まえながら、脱毛サロン開業を成功へと導きましょう。また、私たち株式会社b-modelsが提供する業務用脱毛機器や開業・経営支援サービスに興味がある方は、下記のページからLINEでもお問い合わせいただけますので、お気軽にご連絡ください。

資料請求・無料体験・お問い合わせはこちら

この記事をシェアする